グラシン紙で作る封筒綴じの本*作り方1~準備編~

グラシン紙で作る封筒綴じの本*作り方1~準備編~

手製本のフレークシール収納の作り方1~準備編~
完成品はこちら

専門的な道具や材料をなるべく使わない、自己流の製本です。
参考になれば嬉しいですヾ(*’∀`*)ノ

■道具■
グラシン紙で作る封筒綴じの本*作り方1~準備編~

1. シワなしPiT
普通の糊だとしわしわになってしまうグラシン紙の接着用。テープのりでも大丈夫。
2. エンボッシングスタイラス(または鉄筆)
封筒を作るときにあると便利。鉛筆の線が残りません。
3. カッター
4. 糊用の筆
自作の糊を塗るのに使います。
5. ものさし
6. でんぷん糊
7. 木工用ボンド
でんぷん糊と木工用ボンドを混ぜたものを適量の水でのばして使います。
8. カッターマット
ダイソーのもの。
9. 封筒テンプレート
10. 万力
ダイソーのもの。あると便利。
11. 目打ち
ボール紙に穴をあける用。裁縫用の目打ちを流用。
12. クロスステッチ針
麻糸で綴じるときに。針穴が大きいので麻糸も楽々通って便利。

■材料■
グラシン紙で作る封筒綴じの本*作り方1~準備編~

1. ボール紙
大型スーパーの文具売場にありました。厚さは約1mm。
2. クラフト紙
最厚口:120g/m2
表紙・見返し・角紙・足紙に使います。
今回、足紙にはもう少し厚いモダンクラフト(180g/m2)を使いましたが、最厚口クラフト紙や半紙でも大丈夫。
3. グラシン紙
文房具店や画材店にあります。ハトロン判の大きさで1枚30円くらい。
4. 寒冷紗
農業用の寒冷紗。ホームセンターにて280円/mで切り売りしています。なくても半紙などで代用できます。
5. 麻糸(写真に入れ忘れました…)
梱包用の麻紐より細いもの。手芸店で購入。

次回は本文制作編ですヾ(。・ω・。)

作り方2 ~本文編~
作り方3 ~糸綴じ編~
作り方4 ~背固め編~
作り方5 ~表紙編~

材料はすべてAmazonでも購入できます↓
トンボ鉛筆 スティックのり シワなしピットN 約21g
トンボ鉛筆 スティックのり シワなしピットN

エンボッシング スタイラス
エンボッシング スタイラス

呉竹 手作り封筒テンプレート/洋形 SBTP12-19
呉竹 手作り封筒テンプレート 洋形

コクヨ 板目表紙 A3 10枚 セイ-840
コクヨ 板目表紙 A3 10枚

栄紙業 トチマン フリークラフトペーパー クラフトペーパー特厚口120g A4 50枚 ブラウン
クラフトペーパー特厚口120g A4 50枚

グラシン紙 W380×H254mm 50枚
グラシン紙 W380×H254mm 50枚

寒冷紗 (約1.3×2m)
寒冷紗 (約1.3×2m)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。